作業員

リバースエンジニアリングによる企業成長|画期的な最新技術を知る

リバースによる技術成長

工場

企業において、特許権や著作権の侵害というのは避けるべきリスクです。しかし、技術の少ない企業にとって、上位企業の販売する製品の技術情報というのは喉から手がでるほど欲しいものでしょう。リバースエンジニアリングであれば、合法に上位企業の技術を取り入れることが可能です。
リバースエンジニアリングというのは、上位企業の販売している製品を下位企業が購入し、その製品を分解し構造を把握することでどういった技術かを学習するといったものです。それは特許権や著作権の侵害になるのではないか、と考える企業も存在するでしょう。その心配はなく、製品を分解・分析しただけで簡単に判別できる技術というのは、特許権や著作権の保護対象外となるのです。リバースエンジニアリングを利用することにより、下位企業が上位企業の技術を学び、その技術から派生した応用技術を考案することも可能となるのです。そうすることで、下位企業は企業成長を遂げることができるのです。実際、日本における技術成長及び企業成長の背景には、リバースエンジニアリングによる影響があるといわれているのです。技術を必要とする多くの下位企業の中には、上位企業の製品を分解し分析することが難しいと考える企業も少なからず存在するかと思います。そういった場合には、リバースエンジニアリングを代わりに行ってくれる業者に依頼することをお勧めします。そういった業者では、高性能3Dスキャナーを用いたリバースを行い、正確で高品質な調査をスピーディに行ってくれるでしょう。

圧壊による直接分解

作業員

マイクロバブルと呼ばれる新しい汚水処理技術は、極小気泡の特異性質を用いた画期的な汚水浄化方法です。マイクロ単位の極小気泡は水中でゆっくりと上昇しながら収縮し汚れを吸着させ、水面最接近時には圧壊に伴う高エネルギーで汚れを直接分解するのです。

金型の成型法

金属

アルミ加工金型を加工業者に製造してもらう際には、単発真空成型や連続真空成型といった成型法を用いてアルミ加工金型を製造してくれるでしょう。大量生産を目的としているのであれば、連続真空金型による成型法がお勧めです。

マイクロスコープの選び方

顕微鏡

マイクロスコープとは、被写体(対象物)をレンズ下に設置することで、その被写体をディスプレイ上に画像または映像として表示することのできる装置です。主に、工業及び科学分野において多く利用されています。

関連サイトを見る

  • マイクロスコープとは?のお悩み解決!何でも辞典

    こちらのサイトではマイクロスコープとは一体何なのかを説明しています。導入を検討されている方はチェックしてみましょう。